中山道 大鋸 HOME HOME
地酒の通販・販売・ショッピング 大鋸のこだわり ブログ イベント情報 店舗案内

2009年6月の記事

新着商品情報

2009/06/12更新

7月24日(金) ワインの稲葉を迎えて・・・夏のワインを楽しむ会開催
中津川市本町 「中山道大鋸2F」にて
19:00~21:00
会費2,000円
※ この季節にとても合うワインを色々楽しみましょう。いつも満席になるため、お早目の予約をお待ちいたします。


2009/06/12更新

 中津川市新町 「チキンハウス」にて
19:00~21:00
会費4,000円
※ 地元地鶏と地酒を楽しむ、とても楽しい会です。様々なご質問にお答えいたします。只今参加者募集中!!


2009/06/12更新

いつもありがとうございます。いよいよこちらも梅雨入りです。あまり好きな季節ではありませんが、私は夏真っ盛りが大好きなので、早く梅雨が明けるのを心待ちにしています。

先日は、お蔭様で中山道大鋸移転オープン5周年記念セールに、 多くの皆様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

 さて、話は変わりますが、米国のバン・クライバーン国際ピアノコンクールで、日本人として初めて優勝したピアニスト辻井伸行さん(20歳) 。それも全盲ピアニスト!

そしてその名前は「伸行」。私と同じ名前で同じ「伸行」です(笑)。小さい頃からの特別な才能もあったと思いますが、大きなハンディーを背負った上での勲章は、計り知れないと思います。どんな立場でも不可能は無いとの思いを忘れないよう、望みを託して生きなければと気付かされました。優勝後の記者会見で、ある記者から「もし、一日だけ目が見えるとしたら?」の質問に、「両親の顔が見てみたい。そしてお友達の顔など・・・」とお答えした後、「今は心の目で感じているので、不自由ではなく、ありがたいです。」と答えていました。この質問をした記者もすごいですが、そう答えた辻井さんの人柄に感動し胸を打たれました。普通でしたら一度だけでも目が見える事に欲望いたしますが、現状をしっかり感謝で受け止められる、辻井さんには頭が下がる思いです。私などは、当たり前のように目が見えるのに、次から次へ欲を望みます。人は欲があるので、成長もするのだとは思いますが、わがままな欲は現代社会においてとても多いと思います。私も今こうして生活をさせて頂いている事に、今一度感謝の気持ちを持ち、過ごさせて頂きます。
大鋸伸行





【過去のブログ・イベント】
2016 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2015 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 : 1 2 3 4 5 6 8 9 10 11 12
2009 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 : 2 3 5 6 7 8 10 11
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
$